> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『Mr.Children DOME TOUR 2005 "I ♥ U"』 ~<レポート後編>”また会いましょう!”~
※ 今回の記事は、ミスチルのライブレポートです。曲目含め、ネタバレをガンガンしてしまいますので、これからツアーへ行かれる方は、くれぐれも、くれぐれもご注意くださいませ。


『ランニングハイ』が終わって一息ついているうちに、いつの間にかステージには、ギターをもった桜井さんがひとりで座っている。この時間は、何を歌うかは桜井さんひとりに任されているという”弾き語りタイム”。さぁ、何を歌うのか?

歌い始めたのは、名曲『抱きしめたい』。そう来ましたか。誰が何と言おうと、やっぱりこの曲はいい。いろんなことを経験して、いろんな曲を書くようになったいまの桜井さんが歌うからこそ、ああいう響き方をするのだろうなと思う。だからだろう、いつも思うのだけれど、この曲に関しては、ライブのほうがCDで聴くよりも何倍も素晴らしい。ちなみに、2番の入りで音程を外して、観客も桜井さんも大爆笑。このハプニングのおかげで、2番の響き方が全然変わったのも、ラッキーなプレゼントだった。

そして、『ラララ』『蘇生』『Worlds end』の3連発。ひとことで言うなら、「前へ突き進む」というイメージ。詩の内容もそうなんだけど、やっぱり”音”の力なんだろうなぁ。力強さ。そう、ミスチルはよく桜井さんのワンマンバンドだと言われるし、確かにその通りなんだけど、でもあくまでもソロではなくバンドなのだ。ロックバンドだろうがポップスバンドだろうがどっちでもいいんだけど、とにかく彼らはバンドなのだ。そんなことに、改めて気付かせてくれた。僕は音楽の専門家じゃないから、ギターがどうのとかドラムがどうのとかはあんまりわからないけれど、でも演奏の素晴らしさだけはハッキリと感じることができたライブだった。

そして本編クライマックスは、『Hallelujah』~『and I love you』。この繋ぎがスゴかった!ミスチルは毎回必ずこういう繋ぎで感動させてくれる(『ポップザウルス』の『花』しかり、『シフクノオト』の『掌』しかり)のだけれど、今回のスケールは特に圧巻だったと思う。『and I love you』って、シングルで聴いたときはそれほどスゴイ曲だとは思わなかったんだけれど、このライブでの響き方は鳥肌ものだった。

ここで本編が終わり、いったんメンバーが引っ込む。そして、アンコール。

ここでふと考える。あと歌ってない歌は?アンコールだから、せいぜい多くて4曲。『未来』と『Sign』はやるだろうし、『終わりなき旅』『名もなき詩』あたりもきそうだし。意表を突いて『ヨーイドン』もあるかなぁ?

結局やったのは、『未来』『僕らの音』『潜水』の3曲。全て、最新アルバムからのナンバー。いやぁ、なんともミスチルらしいチョイス(笑)。『僕らの音』はアルバムの中でも大好きな曲だったから、生で聴けたのはハッピーだった(そして、本当に素晴らしい演奏だった)んだけど、正直アンコールでやるとは思わなかった。

そしてそれは、最後の『潜水』も同じ。曲を始める前に、「最後の最後に歌うこの曲の最後のフレーズこそ、いま僕たちが伝えたいことの全てです」というMCが入ったときは、てっきり『Sign』かなぁと思った。アルバムを最後を飾る歌でもあるこの曲は、”生きてるって感じ”というフレーズで終わる。でも、案外、桜井さんが指してたのは、そのあとの

”ラララ”

だったりして、なんて僕は思ってもいる。”音”を届けようとした今回のライブに最もふさわしいのは、ハッキリしたフレーズより、案外”ラララ”っていう音のほうなんじゃないかな、なんて。

以上、全23曲。大満足の3時間。

そうそう、最後にもうひとつプレゼントが。会場が明るくなって、退場するときに『Sign』のCDが流れたんだけど、なんと桜井さんがワンフレーズだけマイクを通して歌ってくれたのだ。その前に、かなりの観客の人たちがCDに合わせて合唱してたから、それに応えてくれたんだと思うんだけど、これはすごくハッピーな瞬間だったと思う。もちろん、『Sign』歌って~!っていう想いから起きた現象だったんだろうけど、僕にはなんだか、奇跡的な瞬間に感じられたのだ。やっぱり、音楽ってスゴイ、って。

最後に、全体通しての感想をちょっとだけ。

今回のセットリストに関しては、おそらく不満を持った人もすごく多かったと思う。シングルが少なめで、アルバムの中の曲がほとんどだったから(事実、僕が一緒に行った(ムリヤリ連れて行ったという説もあるが(笑))、決して熱心なミスチルファンではない友人は、「”シフクノオト”ツアーに比べて、地味な曲が多かった」と感想を語っていた。もちろん、”すごく楽しかった”と満足していたけれど)。僕だって、大満足だったとはいえ、あれをやってほしかった!っていう曲をあげだしたら、もうキリがない。

でも、それがミスチルなのです。良くも悪くも。彼らは、決してファンや世間に媚びたりしない。そりゃ、「ここで”シーソーゲーム”でもやったら、ファンは大喜びするだろう」って、彼らだってわかっている。でも、そういう安易な安売りは決してしない。だからこそ、消費されてすぐに消えていく他のアーティストと違い、ミスチルは長くトップに君臨しつづけているのだと思う(そういう意味じゃ、アルバム出すのに7年かけちゃうサザンなんかは、まさにその先駆者ですね)。

常にCDが100万枚近く売れ続けるトップバンドでありながら、決してファンや世間に媚びることなく、自分たちの伝えたい音楽を鳴らしつづける。しかし同時に、「わかる人だけわかってくれればいいや」というアングラ的な姿勢ではなく、常にファンや世間の存在を意識して、セールスも一流のポップバンドとしての地位を保ち続ける。それが、自らを”ポップ・ザウルス(ポップスの恐竜)”と名付けた、彼らの宿命なのだ。

このギリギリの孤独な戦いをつづけるためには、すごく大きなモチベーションが欠かせない。これまで彼らは、常にアルバムを出しライブを行うたびに、新たなモチベーションを見つけて戦いつづけてきた。今回は、それが”音を鳴らす”ということだったのだと思う。

さて、このツアーが終わったとき、彼らはどんなモチベーションを発見するのだろう?そしてそのモチベーションを、いつまで保つことができるだろう?全力疾走しすぎて燃え尽きないといいんだけど、なんて余計な心配もしたくなる。

でも今はとりあえず、今日の喜びに浸りつつ、また次の新曲を待つとしよう。

「また会おうね!」その言葉を胸にしまって。
[PR]
by inotti-department | 2005-11-29 00:14 | music
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧