> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『キング・コング』 ~B級だけど、一級品!~
e0038935_21193050.jpg満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点)

『キング・コング』(2005、米)
   監督 ピーター・ジャクソン
   出演 ナオミ・ワッツ ジャック・ブラック
       エイドリアン・ブロディ

1933年、NY。支援を打ち切られて追い詰められた映画プロデューサーのカールは、起死回生の策として、未開の島を舞台にした冒険映画製作を企てる。ちょうどその頃、売れない女優アンもまた、劇場の閉鎖によって失業状態に陥っていた。デナムは、街で見かけたアンの美しさに一目ぼれし、彼女を主演女優にスカウトする。こうして、デナムとアン、そして劇作家のジャックを乗せ、船は航海をスタートする。しかし、目的地の島には、伝説の怪物”キング・コング”が待ち受けていた・・・。


あっぱれ、あっぱれ、B級モンスター映画!

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを見事に完結させたピーター・ジャクソンが次に選んだ企画は、往年のハリウッド大作『キング・コング』のリメイク。もともと、映画好きの少年がそのまま大きくなったような人だから、きっと念願だったんだろうなぁ。『ロード』で大成功を収めたことによって、ついに本当の夢も叶えた、おそらくそんなとこだろう。

まず第一の感想。長い!3時間8分。長すぎ(笑)。ケツが痛くなるっつーの。
なんでそんなに長尺になっちゃったかっていうと、観てるとわかるんだけど、この映画がまるで『ロード』を彷彿とさせるようなキレイな3部構成になっているから。

苦しい状況を打破するためにリスキーな航海に出て、島に上陸する第1部。
その島での、様々な怪物、そしてコングとの遭遇を描く第2部。
捕えたキング・コングが、NYで大暴れする第3部。

それぞれのパートが、だいたい1時間ずつ。
第1部は、正直ダレぎみ(笑)。まぁ、壮大な冒険の前フリとしては必要不可欠なんだけど、正直ちょっとアクビが。はやく本題に入ってよーー!って、思ってしまいやした。

第2部は、超B級テイスト(笑)。わけわからんキモチワルイ化け物どもが次々出てきて、どんどん仲間が死んでいく。事態は深刻なんだけどついつい笑っちゃうあたりが、B級のB級たるゆえん。この映画、楽しめるか脱落しちゃうかは、ここが分かれ目でしょう!ここで気持ちが離れちゃった人は、島パートの後半あたりから次第に描かれはじめるキング・コングとアンの”異形のラブ・ストーリー”なんか、全然ピンとこなかったに違いない。

僕は、どうにかギリギリ踏みとどまることができた。正直、島に着いてからも延々同じようなことやってるから、ちょっと飽きそうになったんだけど。でも、キング・コングとアンが一緒に島の景色を眺めるあのシーンで、完全に気持ちが戻りました!あそこは、美しいシーンだったなぁ。

で、第3部。ラストの1時間は、まさに怒涛のクライマックス。まさに、1秒たりともスクリーンから目が離せない、最高のエンタテインメント!そういえば、『ロード・オブ・ザ・リング』も、ダントツで第3部が面白かったんだよなー。この監督、とにかく物語の盛り上げ方が実にウマイ!

キング・コングがNYの摩天楼で大暴れするっていうだけで十分に魅力的なんだけど、僕が一番好きだったのは、コングとアンが氷の上でダンス(?)を踊るシーン。素晴らしかった!「そっか、B級映画でも冒険映画でもあるけれど、これって結局ラブ・ストーリーなんだ」って、気付かされた。悲劇的結末への伏線っていう意味では、同時にすごく切ないシーンでもあるんだけれど、僕はずーっとこのシーンが続けばいいのにって願わずにはいられなかった。

主演3人も、皆よかったと思う。ナオミ・ワッツにジャック・ブラックにエイドリアン・ブロディ。玄人好みといえば聞こえはいいが、ハッキリ言って、かなり地味なキャスティング(笑)。でも、すごくバランスのよいキャスティングだったと感じた。まさに、適材適所。特に、ナオミ・ワッツは島で逃げ回っている姿が驚くほどサマになっていた。とてもキレイな女優さんだしね。エイドリアン・ブロディもカッコよく演じてました。よくよく考えると、彼の演じたジャックって、めちゃめちゃスゴイ男だと思う。だって、あのキング・コングの顔見たら、普通向かっていこうなんて思わないっしょ(笑)。

とにもかくにも、一級のB級映画にして、とってもキュートなラブ・ストーリーだと思います。気になってる方は、公開が終わらないうちに、ぜひ大きなスクリーンで!
[PR]
by inotti-department | 2006-02-08 22:05 | cinema
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧