> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『運命じゃない人』 ~2005年日本映画で最高の脚本!
e0038935_1381651.jpg満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点)

『運命じゃない人』(2005、日)
   監督 内田けんじ
   出演 中村靖日 霧島れいか 板谷由夏

恋人のあゆみが家を出て行ってしまって半年。いまだに失恋の傷から抜け出せない宮田だが、親友の神田のナンパがきっかけで、真紀という女性と出会う。真紀もまた、婚約者と別れ、深い悲しみの中にいた。帰る場所のない真紀を、宮田は自宅へ連れ帰る。するとそこに突然、置きっ放しだった荷物を取りにあゆみがやってくる。一方、探偵の神田は、あゆみの正体が結婚詐欺師だという事実をつきとめていた。そして、あゆみが現在の恋人であるヤクザの組長・浅井から2000万円を奪って神田のところにやってきたことから、浅井から命を狙われる羽目に。宮田、真紀、神田、あゆみ、浅井。5人の思惑と偶然が複雑にからみあい、事態は予想もつかない方向に・・・。

いやぁ、一生の不覚でした!

なにがって、この映画を劇場で観そこねたこと。この映画の存在を噂で聞きつけたときには、すでに劇場公開が終わってしまっていて、もう首を長~くしてDVD登場を待っておりやした。

ついにDVDで観ましたよー!ひゃぁ、ビックリした!ホントに面白いんだもん!

映像なんかはいたってシンプルで、それこそCGなんか全く使ってないし、おそらくかなり低予算で作られた映画だと思う。それがどうしてこんなに面白いのよって、そりゃあやっぱり脚本の力。よくできたストーリーさえあれば、映画はどうにでも面白く作れる!久しぶりに唸らされました。

ある夜に5人の男女が体験する、不思議な物語。どうってことのない同じ出来事も、5人それぞれの視点からみると、全然違う意味や思惑が含まれている。映画は、時間軸や視点をうまく操りながら、少しずつ物語のカラクリを解き明かしていく。

まさに、巧妙に練られた設計図、という感じ。同じシーンがいろんな人の視点から繰り返し描かれるんだけど、「あ、このとき、実はあの人はあそこにいたんだ!」というのが次々と発覚する展開は、とってもユニーク。それでいて、少しも無理がないし全く破綻もないのは、スゴイのひとこと。

脚本と監督を担当したのは、内田けんじさん。これが長編デビュー作だという。またひとり、日本映画界に新たな才能の誕生ですね。次にどんな面白い映画を作ってくれるのか、これはもう要注目。

キャストも渋めなんだけれど、とってもいいバランスだったと思う。というか、こういう話は、スターが出ていないほうが絶対いい。宮田とか真紀の役なんか、絶世の美男美女にやられちゃったら、ハッキリ言って良さが半減しただろう。それでいて、あゆみや浅井など、脇のキーパーソンには演技力の確かな俳優をしっかり起用している。板谷由夏と山下規介は、特に光っていたと思う。キャスティングのセンスもベリーグッド。

終わり方もよかった。ヘンに盛り上げすぎず、「あ、こういう終わり方なんだ」っていうほのぼのした感じで。あの2000万円の今後の行方とか考えると、本当は手放しでハッピーエンドってわけじゃないんだけれど、そんなことはよいのです。最後、一度エンドロールが巻き戻されて(これもまたユニーク!)からのエピローグ、この映画の締めくくりにはあれだけで十分。ていうか、最後に出てきた男の人、「あれ、これ誰だっけ?」って最初思い出せなかった(笑)。それだけ、ものすごく充実した1時間40分だったってことなんだろうな。

あ、そうそう。この映画を観て「大好き!」って思った方、もしよかったらぜひ、伊坂幸太郎という人が書いた『ラッシュライフ』という小説(新潮文庫から文庫化されてます)を読んでみてください。同じような匂いをもった、同じく最高によくできた物語ですので。きっと、気に入られるかと思います。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-09 13:47 | cinema
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧