> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> <コ>
皇帝ペンギン(2005,仏)  ★★★★★★★★☆☆(8点)
     監督 リュック・ジャケ
     声の出演 大沢たかお  石田ひかり  神木隆之介
<story> マイナス40℃の南極。3ヶ月の夏が終わり、ペンギンたちは海からあがり行進をはじめる。目的地は故郷。そこは、最も厚い氷の広がる場所。ペンギンたちは、そこで出産をするのだ。しかし、極寒のため、行進についていけない者は途中で死んでしまう。集まったオスとメスは、ダンスをしながらパートナーを探す。そして交尾が終わり、3ヶ月後。ついに卵を産む。しかし、卵が寒さに耐えられるのは数秒間のみ。ペンギンたちは、体の毛で卵をじっと温める。やがて妻は、ヒナのエサを求めて海へ。夫たちは、固まって暖めあいながら、妻の帰りを待つ。しかし、その間に、寒さに耐えられずに死んでしまうヒナも出る。やがて、妻が戻ると、今度は夫たちが旅に出る。そして、ヒナは親離れのときを迎える。ヒナたちも、親たちがしてきたように、身を寄せ合って寒さに耐え、鳥の襲来に抵抗する。そして父が戻り、ついに家族が揃うと、夏が訪れる。氷が解け始め、家族もそれぞれ旅立ちの時を迎える。夫と妻は、次の冬の再会を誓い合い、それぞれ海へ。そしてヒナも、ひとり海へ。4年後、今度は自分が親になる日まで、たくましく生きていく。
<ひとことreview> 「かわいい~!」と歓声があがるような動物ものかと思いきや、これがなかなかシビア。ペンギンたちが生きている厳しい弱肉強食の世界には、思わず顔を背けたくなるような辛いシーンも多い。しかし、そんなリアルな側面を描いているからこそ、感動と癒しもまた深まってくる。特に、ペンギンたちが身を寄せ合うチームワークは感動的。自分勝手な者の多い僕たち人間が見習うべき点も多い。また、我が子のために勇気と忍耐力の限りを尽くす親ペンギンたちの愛情の深さにも、心動かされずにはいられない。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-21 12:19 | 映画ネタバレstory<ア・カ>
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧