> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> <ケ>
・敬愛なるベートーヴェン(2006、英・洪) ★★★★★★★☆☆☆(7点)
  監督 アニエスカ・ホランド
  出演 エド・ハリス ダイアン・クルーガー
<story>1824年、ウィーン。”第九”の初演会を4日後に控えた大作曲家ベートーヴェンのもとに、1人の女性がコピースト(写譜家)として派遣される。彼女の名はアンナといい、音楽学校を首席で卒業し、将来は作曲家になることを夢見ている。しかしベートーヴェンは女性に音楽は出来ないと決め付けており、アンナをすぐに追い返そうとする。しかし、アンナは自分が完璧にコピーした楽譜をベートーヴェンに見せ、さらにベートーヴェンがトラップとしてわざと間違えて記した楽譜を、正しい形に直してみせる。ベートーヴェンは、彼女の才能、そして自分の音楽への理解の深さを知り、彼女をコピーストとして雇うことにする。アンナは尊敬する大作曲家の仕事を手伝えることに大きな喜びを感じるが、同じ部屋で過ごすにつれ、彼の粗暴で下品な振る舞いに辟易しはじめる。さらに、彼女が下宿する修道院の婦人も、アンナに音楽を諦め神の道に進むように進言する。また、アンナにはマーティンという恋人がいた。マーティンは建築家を志しており、セーヌ河に掛ける橋のコンペへ向け、デザイン作りに精を出していた。彼もまた、もう何年も新作を発表していないベートーヴェンを「終わった音楽家」とみなしており、アンナが彼のもとで仕事していることをあまり好ましく思っていなかった。しかしアンナは、ベートーヴェンの音楽的才能と、自分を信頼してくれることを誇りに思い、充実した思いで写譜に取り組む。一方、ベートーヴェンにはカールという寵愛する甥がいた。ベートーヴェンは、カールにも作曲家になってほしいと望んでいたが、カールは自分の才能のなさに苦しみ、借金まみれの荒んだ日々を過ごしていた。そして初演会当日。マーティンとともに客席についたアンナは、ベートーヴェンに呼び出される。耳の聴こえない彼は、指揮をとることに対してナーバスになっていたのだ。アンナは、「私が付いています」と勇気付け、演奏者の間に座ってベートーヴェンの指揮をサポートすることにする。名だたる作曲家や大公の前で披露された”第九”は、その壮大かつ感動的な演奏によって、満場の大きな拍手に包まれる。こっそりと聴きにきたカールも、感動して涙を流す。大きな仕事を成し遂げたベートーヴェンは、アンナを指さし「これは2人でやったんだ」と彼女に賛辞を送るのだった。翌日、気をよくしたアンナは、自分の作曲した楽譜を持ってベートーヴェンを訪ねる。しかし、ベートーヴェンは「良い曲だが、オナラを連発したような曲だ」と嘲笑し、深く傷ついたアンナは部屋を飛び出す。その数日後、あの日以来姿を見せなくなったアンナのもとをベートーヴェンが訪れる。彼は、「一緒に曲を手直ししよう」と呼びかけ、アンナもそれに従う。その日から、2人の共同作業が始まる。ベートーヴェンは、構成や形式にこだわるアンナに、「心の声に耳を傾けろ」とアドバイスする。一方、アンナはベートーヴェンを敬愛するあまり、彼の曲にそっくりな曲を作ってしまい、「良い曲だが、唯一の欠点は私の模倣であることだ」と指摘される。そんな中、マーティンのデザインした橋のコンペが行われ、その会場をアンナとベートーヴェンが訪れる。アンナは、そのデザインの平凡さに疑問を感じながらも、恋人に気を遣い作品を褒める。しかし、ベートーヴェンはその作品を酷評し、橋の模型をメチャクチャに破壊してしまう。傷ついたマーティンは、アンナに「今後ベートーヴェンに近づいたら縁を切る」と言い放つ。アンナもベートーヴェンを責めるが、一方で作品に対する意見は彼と同じであり、結局引き続きベートーヴェンの側にいることを決意する。そして、ベートーヴェンが「これは未来への架け橋だ」という自信作『大フーガ』が完成。大公の前で披露するが、曲の良さは理解されず、アンナを残して全員が席を立ってしまう。ベートーヴェンは「予想通り」と強がるが、直後、気を失って倒れてしまう。病にかかり床に伏せるベートーヴェンは、アンナにメロディを伝え、彼女はそれを楽譜にしていく。それは、美しいメロディの聖歌だった。ベートーヴェンが死ぬまで、アンナは側を離れなかった。そして、彼の死後、『大フーガ』はそのクオリティの高さを再評価され、後世の音楽家たちに大きな影響を与えたのだった。
<ひとことreview>ベートーヴェンの知られざる晩年の日々。『第九』誕生の裏側を描いたこのドラマは、もちろん基本的にフィクションなのだと思う。しかし、ベートーヴェンを演じたエド・ハリスと、アンナを演じたダイアン・クルーガーの大熱演によって、実に説得力ある見応え十分の力作となっている。恋人のような、母子のような、師弟のような、2人の関係がユニークで面白い。彼らの間には、愛情・同情・憧憬・羨望・嫉妬など、様々な感情が渦巻いている。しかし、根底には強い尊敬があり、それが彼らを特別な関係にしたのだろう。圧巻は、中盤の”第九”コンサート。僕は、その感動的な演奏に、涙が止まらなかった。

・ゲド戦記(2006、日)  ★★★★★☆☆☆☆☆(5点)
   監督 宮崎吾朗
   声の出演 岡田准一 手嶌葵
<story>王である父親を刺し殺して国を飛び出したエンラッドの王子・アレンは、ハイタカと名乗る魔法使いと出会う。ハイタカは、世界の異変の原因を突き止めるべく旅を続けていた。行動を共にすることになった2人は、ハイタカの古い友人・テナーの家に身を寄せる。テナーには、テルーという娘がいた。テルーは、心に闇を持ち命を粗末にするアレンを毛嫌いし、心を開こうとしない。一方、ハイタカに恨みをもつ魔法使いのクモは、手下であるウサギに命じ、ハイタカの居場所を探らせる。彼がテナーの家にいることを知ったクモは、アレンを屋敷へ連れ去る。ハイタカを貶める言葉を並べるクモの前に、アレンは混乱し、クモの手下になってしまう。一方、ウサギはクモの命令でテナーを拉致する。テルーからアレンもテナーもいなくなったことを告げられたハイタカは、2人を救出するためにクモの館へ向かう。しかし、クモはテナーとともに地下牢に監禁されてしまう。一方、テルーも、アレンの影と遭遇し、彼を追ってクモの館へ向かう。テルーに勇気付けられたアレンは、心を取り戻し、ハイタカとテナーを救出するためにクモに立ち向かう。クモは、死を極端に恐れ、永遠の命を手に入れようとしていた。クモの魔法により、世界は混乱していたのだ。アレンも心の闇を恐れていたが、テルーやハイタカの言葉により、心の闇を受け入れる。アレンは、竜の化身であるテルーとともに、クモを倒す。こうして、世界に平穏が訪れた。アレンは全てを受け入れ、エンラッドへと戻るのだった。
<ひとことreview>宮崎駿の息子・吾朗の初監督作品。冒頭、いきなり主人公が父親を殺したときには、駿を越えようとする彼の覚悟を感じたのだが、それはどうやら間違いだったらしい。映画は、良くも悪くも”ハヤオ的世界”を脱却することができていない。そのうえ、ストーリーにも魅力なし。何のための旅なのか、何のための戦いなのか、登場人物の口からセリフとしては語られるものの、それが説得力ある形となって映画として表現されていない。個人的には、宮崎駿には撮り得ないような、タイプの違うアグレッシブな作品を作ってほしかった。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-21 12:20 | 映画ネタバレstory<ア・カ>
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧