> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> <ク>
・暗いところで待ち合わせ(2006、日)  ★★★★★★☆☆☆☆ (6点)
   監督 天願大介
   出演 田中麗奈 チェン・ボーリン 井川遥
<Story> 幼い頃の交通事故が原因で視力を失ったミチル。母親は家を出て行き、父親と一緒に暮らしていたが、その父親がある日突然死んでしまう。ひとりぼっちになったミチルは孤独に泣き叫ぶが、彼女にとって知り合いと言える人間は親友のカズエひとりだけ。そんなある日、ミチルの部屋の窓から見える駅のホームで事件が起こる。ひとりの男性が、線路に転落して電車にはねられて死亡したのだ。その直後、ある青年がミチルの部屋に忍び込む。青年は、事件の容疑者として報じられているアキヒロという男だった。アキヒロは、事件の被害者である松永の同僚だったが、松永による陰湿なイジメに苦しめられていた。そして事件の起きたときにホームにいたところを駅員によって目撃されており、事件の重要参考人としてマスコミは報道していた。アキヒロは、ミチルの目が見えないことを利用し、気付かれないように息を潜めて部屋に居座りながら、事件現場であるホームの様子を窺う。ミチルは、ときどき人の気配のようなものを感じながらも、カズエに対しては「部屋に幽霊がいるみたい」と相談する。カズエは、父親が死んで以来全く部屋から出ようとしなくなったミチルのことを強く心配していた。風で飛ばされたミチルの洗濯物を届けたことから知り合いになった隣人のハルミが働くレストランに誘うなど、なんとかしてミチルを外に出そうとするが、ミチルは「ひとりでも生きていける」と取り合わず、2人は喧嘩をしてしまう。そんなミチルに、アキヒロは自分自身を重ねあわせていた。彼は中国人と日本人のハーフで、中国でも日本でも自分の居場所が見つからず、他人に心を開くことが出来ずにいた。アキヒロは、ついにミチルの手を掴み、彼女の手を引いてカズエの家まで連れていく。仲直りする2人。一方、アキヒロは、カズエの家からの帰り道、衝撃的な事実に気付く。ミチルが貸してくれたコートのポケットに入っていた1枚の写真。そこには、ミチルの横で笑うハルミの姿が。彼女こそ、アキヒロがずっと捜していた、松永殺害の真犯人だった。アキヒロはあの日、確かに松永の背後に立ったが、躊躇して突き落とすことができなかったのだ。そこに現れ、松永の背中を押したのがハルミだった。アキヒロがミチルの部屋に侵入したのは、真犯人がまた駅に現れるに違いないと考えていたからなのだ。ミチルに真相を告げるアキヒロ。そんな中、ミチルの部屋にハルミが遊びに来る。ミチルは真相を確かめるべく、ハルミに迫る。危険を感じたハルミは、ミチルの首を絞めにかかるが、間一髪アキヒロが救出する。ハルミは、松永の元恋人だったのだ。こうして事件は解決する。アキヒロはミチルに告げる。「あなたに出会って、自分には他人の存在が必要なんだとわかった」と。ミチルもまた、人の温もりの大切さに気付くことができたのだった。
<ひとことreview> いろいろな要素をもった不思議な映画。前半は、盲目の女性と殺人犯(正確には違うが)の奇妙な同居生活をひたすら描く。正直に言うと、あまりの静かさと現実味のなさに、いつまでこれが続くのかと退屈しかけた。さらに、アキヒロがあっさり自分の存在をミチルに認めてしまうのも、「面白い設定なのに、もったいないなぁ」などとガッカリしていたのだが、ここまでは序章にすぎなかったのだ。後半は、一転してミステリーというかホラーのような展開に。動機の説明は全くないし、別に事件の真相がどうだからどうしたという話ではないのだが、この展開がなかなか面白い。犯人役に井川遥を起用した意外性も見事だし、なかなかの好演。ツッコメばキリがないほど非現実的で脇の甘い物語なのだが、寓話として楽しめば、それはそれで楽しめる。

・クラッシュ(2005、米)  ★★★★★★★☆☆☆ (7点)
   監督 ポール・ハギス
   出演 サンドラ・ブロック  ドン・チードル
<story> 夜のLAで起こった、1つの交通事故。現場から見つかったのは、黒人刑事の死体。黒人刑事のグラハムは、捜査に乗り出す。一方その頃、LAでは人種差別による様々な問題が起こっていた。ジーンは、夜道で黒人2人組に車を奪われてしまう。恐怖を感じた彼女は、自宅の鍵を全て取り替える。その鍵の修理を担当したダニエルは、黒人を嫌悪するジーンから冷たい視線を浴びせられたことに傷ついていた。家に帰ると彼は、娘の寝床へ。娘は、街のいたる所から聞こえてくる銃声に怯えていた。ダニエルは、娘に”透明マント”を着せてあげる。一方、雑貨店を経営するペルシャ人・ファハドは、護身用の拳銃を買いに行くが、イラク人と誤解されテロリスト扱いを受ける。さらに、雑貨店が強盗に遭ってしまう。ファハドは、鍵の修理の際に言うことをきかなかった鍵屋のダニエルを逆恨みする。その頃、パトロール中の刑事ライアンは、黒人の裕福な夫婦キャメロンとクリスティンに職務質問をしていた。人種差別主義者であるライアンは、クリスティンに性的な嫌がらせをする。クリスティンは、ライアンに対してはもちろん、助けてくれなかったキャメロンにも怒りをあらわにする。そして、ライアンの部下ハンセンは、ライアンのその行動に反旗を翻すのだった。その頃、ジーンから車を奪った黒人2人組アンソニーとピーターは、韓国人を轢いてしまい頭を抱えていた。翌日、アンソニーが再び車を奪おうとすると、そこに乗っていたのはキャメロン。彼は、同じ黒人であるアンソニーをかばう行動をとり、警察から守ってあげるのだった。その頃、彼の妻クリスティンは、交通事故に遭っていた。そこに通りかかったのは、ライアン。ライアンの顔を覚えていた彼女は恐怖に震えるが、ライアンは必死で、炎上した車の中から彼女を助け出すのだった。同じとき、ジーンは自宅で転んで負傷していた。そんな彼女を助けたのは、黒人の家政婦。ジーンは黒人というだけで彼女に冷たい態度をとっていたことを恥じ、彼女を和解するのだった。一方、ファハドは、銃をもってダニエルの家へ。彼はダニエルを撃とうとするが、そこに娘が飛び込んでくる。しかし、弾を放ったはずが、娘は無傷。”透明マント”が、彼女を守ってくれたのかもしれない。その頃、グラハムは悩んでいた。交通事故の現場から死体で見つかった黒人刑事・ルイス。彼はコカイン中毒で、金を巡るトラブルに巻き込まれていたようだ。しかし、警察・司法上層部は、次の人事で黒人を登用するため、これ以上の黒人のイメージダウンは避けたいと考えていた。そのため、グラハムに、ルイスはあくまでも被害者として事件を収束させるように指示する。迷うグラハムだが、前科者の弟の存在に目をつぶることを条件として出され、要求を呑む。その頃、グラハムの弟であるピーターは、ヒッチハイクでハンセンの車に同乗していた。しかし、ハンセンは、ピーターがポケットから銃を取り出そうをしていると勘違いし、ピーターを射殺してしまう。彼の死体を投げ捨てるハンセン。グラハムの母は、息子が死体で発見されたことにショックを受け、弟を見つけられなかったグラハムを激しく叱責する。その頃、アンソニーは、人身売買で拘束されていたアジア人たちを街に解放していた。長い夜が、明けようとしていた。
<ひとことreview> アカデミー作品賞受賞作。それも確かに納得できる、すごく誠実に、精巧に作られた良作。ステレオタイプにとどまらないリアルなキャラクター描写が見事。群像劇のため、ひとりひとりの持ち時間は限られているが、全キャラクターが誠実にしっかりと描かれている。誰しもが善悪の両面を持ち合わせているのが、リアルで良い。そのため、彼らの痛み・葛藤がすごくヒリヒリと伝わってくるのだ。ラストには、微かな希望も感じさせ、トーンは終始暗いがやさしさや温かさももちあわせているのもうれしい。派手さはないが、なかなかの良作だ。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-21 12:20 | 映画ネタバレstory<ア・カ>
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧