> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> <タ>
・タッチ(2005、日)  ★★★★★★☆☆☆☆(6点)
     監督 犬童一心
     出演 長澤まさみ  斉藤祥太  斉藤慶太
<story> 双子の兄弟、上杉達也・和也と、お隣の浅倉南の3人は幼馴染。幼少の頃からいつも一緒だった3人の共通の夢は、甲子園へ行くこと。和也は、野球部のエースとして、夢に向かって一直線。南は、それを支えるマネジャー。一方、達也は、ボクシングをはじめる。和也が予選決勝進出を決めた日、達也はボクシングで敗戦。落ち込む達也に、南はキスをする。動揺する達也に、南は「達ちゃんだからキスしたんだよ」と告げる。南に想いを寄せる和也は、その会話を聞いてしまいショックを受ける。決勝前夜、和也は南に「キスして」と強引に迫るが、南は拒む。試合当日。和也が球場に現れない。和也は事故に遭い、帰らぬ人となってしまったのだ。時が流れ、達也は野球部のキャプテンから誘われ、野球部に入部。しかし、母は「和也のために生きることはない!」と強く反対する。反対を押し切って試合に出場する達也だが、登板した試合でメッタ打ちにあい、野球を諦める。南は激怒するが、達也は戻らない。南も、マネジャーを辞める。しかし、達也は友人の原田から喝をいれられ、復帰を決意。そして、決勝へ。奮闘する達也を応援するため、南は球場へ走る。母も、テレビで達也を応援。達也は、和也得意のスライダーでライバル新田を三振にとり、甲子園出場を決める。達也は「上杉達也は浅倉南を愛しています。世界中の誰よりも」と告白するのだった。
<ひとことreview> 国民的大人気マンガの、実写映画化。「なぜいまさら!?」との思いは見終えたいまも消えないが、出来は案外悪くない。キャラクターたちの絶妙な”間”が持ち味のあだち充テイストとは全く別物だが、一本の青春映画としては十分に魅力的だ。作品がもつ素材の面白さを、うまく活かしていると思う。”長澤版南ちゃん”は堂々たるもの。難しい挑戦を難なく乗り切り、女優としてさらにステップアップした。一方、斉藤兄弟はもうひとつか。特に、和也と達也それぞれの個性の違いがあまり明確でなかったのは残念だった。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-21 12:31 | 映画ネタバレstory<サ・タ>
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧