> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> <ヒ>
・ヒトラー ~最期の12日間~(2004,独)  
                   ★★★★★★★☆☆☆(7点)
     監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
     出演 ブルーノ・ガンツ  アレクサンドラ・マリア・ララ
<story> 1942年、ユンゲはヒトラーの個人秘書として採用される。それから2年半後、ヒトラーとユンゲは、彼の腹心たちとともにベルリンの地下要塞に身を潜めていた。ドイツの戦況は悪化し、敗戦は目前。部下たちは降伏を提案するが、ヒトラーは全く聞く耳をもたない。しかし、彼が心の拠り所にしていた攻撃作戦が失敗に終わり、ヒトラーもついに敗戦を認める。ヒトラーはユンゲにベルリン脱出を勧めるが、彼女はヒトラーとともに残ることを決意する。その後、忠臣のヒムラーも裏切り、ヒトラーは自殺の準備を進める。愛人のエヴァと結婚し、彼女とともに死ぬことを決める。ヒトラー、自殺。彼の遺体は、すぐに部下によって火葬処理される。ヒトラーの死後、部下たちは、降伏か抗戦かで意見が対立。しかし、抗戦しても無駄なほど軍は弱体化しており、ついに全面降伏する。ヒトラーを崇拝するゲッベルス夫人は生きる希望をなくし、6人の子供を毒薬で殺したあと、夫とともに自殺する。さらに多くの者たちが、降伏よりも自殺を選ぶ。ユンゲは、ソ連の包囲網をかいくぐり、ベルリンを脱出。その後、60年近く、若き日の過ちに対する罪悪感を背負いながら生きたのだった。
<ひとことreview> あまりにも、重い映画。世界史に突如現れた怪物として語られることの多いヒトラーを、神経質で臆病で、そして女性に対する優しさを持ちあわせた1人の人間として描いている。「ヒトラーってのは、とんでもない奴だったんだねー」と、全ての原因を彼に求めてこの映画を処理することは簡単だ。でも、監督が言いたかったのは、そういうことではないはず。誰もが怪物を生む要因になりうるし、同時に誰もが自分自身が怪物になる可能性をもっている。映画の語り部であるユンゲは、その後、何も知らずにヒトラーを敬愛していた自分自身を、ずっと責めつづけたことだろう。ことは、ヒトラーだけの問題ではないのだ。これからもし、戦争が起こったとして、そのとき僕らは、何に原因を求めるのだろう。テロリスト?独裁者?マスコミ?問われているのは、僕たちひとりひとりの心、なのだ。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-21 12:40 | 映画ネタバレstory<ナ・ハ>
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧