> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> <ヨ>
・容疑者 室井慎次(2005,日)  ★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
     監督 君塚良一
     出演 柳葉敏郎  田中麗奈  哀川翔  八嶋智人  筧利夫
<story>警視正・室井の逮捕。ことの発端は、黒木という青年が刺殺された事件。容疑者として浮上したのは、交番の警官・神村。執拗な取調べに耐えかね、神村は逃走。車にはねられ、即死する。現職警官が起した不祥事は、警視庁の失点。警視庁副総監と熾烈な権力闘争を繰り広げていた警察庁次長は、トップを獲るチャンスと喜ぶ。事件は被疑者死亡として処理されるが、神村と黒木が同じ栞を持っていたことに興味を示し、室井は捜査を続行。警察庁幹部は、これを心よく思わない。室井のライバル・新城も室井を説得しようとするが、真実を求める室井はとりあわない。そんな中、室井が逮捕される。容疑は、取調べ中の暴行・脅迫を容認したこと。告訴したのは、神村の母親だ。室井の弁護には新人の久美子がつき、一方、相手の弁護にはエリート弁護士の灰島が。告訴は、母親ではなく灰島主導で準備されたものだった。室井を慕う沖田の根回しで、室井は釈放される。室井は停職を言い渡されるが、新宿北署を拠点に捜査再開。次第に見えてくる真相。神村と黒木は、杏子という女性をとりあっていた。一方、杏子の借金は帳消しになっていた。しかし、捜査には執拗なジャマが入る。室井は謎の男に暴行され、灰島からは、捜査から手を引くように圧力をかけられる。また久美子も、灰島から弁護士を辞めるように脅される。さらに、警察内で怪文書が出回る。それは、室井が大学時代に、女を振り回して死なせたというものだった。混乱の責任をとる形で、室井は辞職を迫られる。そんな室井に、灰島は取引を持ちかける。捜査から手をひけば、告訴を取り下げるというものだ。しかし、久美子はそれを阻止。そんな久美子に、室井は過去を告白する。室井の彼女は、不治の病にかかった。室井は看病をするために、大学を辞める決意を固めた。それを知った彼女は、自殺したのだった。室井は再び捜査をはじめ、杏子を聴取する。そこに現れる新城。彼は、事件の真相を語る。杏子は、知人に黒木殺害を依頼。神村は、覚せい剤を横流ししてくれたり、借金を帳消しにしてくれたり、都合のいい男だったからだ。神村は、杏子の関与を知りながら、彼女をかばって黙秘した。そして、杏子は父親に頼み、灰島を雇った。大金を積まれ、灰島は真相をもみ消そうとしたのだ。そのために、真相に迫ろうとする室井をジャマするため、告訴を画策し、室井を脅迫したのだった。全てが明らかになり、真犯人は逮捕。室井への告訴も取り下げられる。新城は、室井に広島への異動を命じる。「警察には、あなたが必要だ」室井の新たな戦いがはじまった。
<ひとことreview> ”踊る”シリーズ史上最低の凡作。室井の罪や事件の内容に何の魅力もないのが、最大の問題だろう。物語は、大風呂敷を広げつつどんどん進んでいくが、観ているこちらの気持ちは全然乗っていかない。そして、明らかになる真相。これがまたヒドイ。結局、弁護士の陰謀や警察トップの権力闘争も、それぞれの説明はあるので納得はするが、殺人事件とは少しも繋がらない。小さな事件に振り回される(あるいは、それを利用する)警察組織や法の実態を描くことで、それらと戦う室井の虚しさと熱い思いを鮮明にするいう狙いはわかるのだが、あれだけ伏線を張っておいて、これはちょっとヒドすぎやしないか。カタルシスも盛り上がりも、そこには全くない。俳優陣は健闘しているだけに、脚本の粗さが余計に残念。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-21 12:45 | 映画ネタバレstory<マ・ヤ>
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧