> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> <ム>
・麦の穂をゆらす風(2006、英・愛・仏) ★★★★★★★★☆☆(8点)
   監督 ケン・ローチ
   出演 キリアン・マーフィー ポーリック・デラニー
<Story>1920年、アイルランド。長きにわたるイギリスの支配で、アイルランドの人々は苦しんでいた。デミアンは医者を志しロンドンへ行くことが決まっていたが、友人のミホールがイギリス警察によって殺されてしまいショックを受ける。それでもロンドン行きの列車に乗り込もうとするデミアンだが、列車の運転士がイギリス軍の乗車を拒否し勇敢に戦っているのを目撃し、アイルランドに残りイギリスとの戦いに参加する決意を固める。デミアンら仲間たちは、デミアンの兄・テディをリーダーにイギリスに反旗を翻す。しかし、すぐにアジトがばれ、イギリス警察によって幽閉されてしまう。テディは指の爪を剥がされるなど瀕死の重傷を負うが、警察内のアイルランド人の助けでなんとか脱出する。脱出後、デミアンは裏切り者が仲間のクリスであることを突き止め、自らクリスに銃を向け処刑する。戦いはさらに激化し、何よりもイギリスとの戦いを優先するテディらはあくどい武器商人らを重用したため、アイルランドの貧しい人たちにとって必ずしも味方ではない場面も出てくる。しかし、テディらの奮闘が実り、ついにアイルランドとイギリスは停戦に合意する。晴れて自由を勝ち取ったデミアンは、想いを寄せるシネードと結ばれる。しかし、掴み取ったかに見えた自由は、まやかしでしかなかった。条約の内容は、「アイルランドの自由は、あくまでもイギリス内の自治領としてのみ承認される」というものだったのだ。デミアンらは、再び立ち上がろうと決意する。しかし、その前に立ちはだかったのは、テディだった。テディは、一定の条件があるとはいえ、掴み取った自由を勝利への確実な第1歩として捉えており、これ以上の内戦はアイルランドにとってプラスにはならないと考えていた。条約を結んだアイルランド政府を支持するテディは、アイルランド新自由国軍としてデミアンらの蜂起を止めさせようとする。しかし、降伏を迫るテディの要求を、デミアンは断固拒否する。テディは、涙を流しながら、デミアンを処刑する。デミアンの死を告げるテディに対し、シネードは「二度と来るな」と泣き叫び、追い返すのだった。
<ひとことreview>カンヌ映画祭パルムドール受賞作。ズッシリと見応えのある、見事な映画である。内戦という悲しい現実の前に、引き裂かれていく兄弟の絆。2人とも決して間違っていないのに、悲劇的な結末を迎えてしまうことに、ただただ虚しさだけが残る。ひとつだけ言える確かなことは、暴力は暴力しか呼ばない、ということだ。どちらの言い分も正しかったとしても、あるいは明らかにどちらか片方が正しかったとしても、やはり私たちは武器を手にしてはいけないのだ。
[PR]
by inotti-department | 2006-02-21 12:48 | 映画ネタバレstory<マ・ヤ>
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧