> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『僕のニューヨークライフ』~ウディ作品はいつも安心~
e0038935_2274174.jpg満足度 ★★★★★★☆☆☆☆ (6点)
『僕のニューヨークライフ』(2003、米・英・仏・蘭)
  監督 ウディ・アレン
  出演 ジェイソン・ビッグス ウディ・アレン 
      クリスティナ・リッチ

NYで暮らす駆け出しのコメディライター・ジェリー。彼には、アマンダという同棲中の恋人がいた。奔放な性格のアマンダに振り回されっぱなしのジェリーだが、彼女のことを心底愛していた。しかし、ここ半年、アマンダは彼とのセックスに応じてくれない。ジェリーは、コメディ作家の先輩ドーベルに相談するが、風変わりな性格のドーベルは「彼女は絶対に浮気している」と断言し、一緒にカリフォルニアへ引っ越そうと提案してくるが・・・。


コメディ界の大御所、ウディ・アレン監督の待望の最新作。

まぁ、マンネリというか、なんというか、「これぞ、ウディ・アレン映画!」と言わんばかりのキーワードのオンパレード。ニューヨーク、セックス、精神科医、コメディ作家、ブラックジョーク、ジャズ・・・。

この人が作る映画っていうのは、良くも悪くも似たような雰囲気のものになる。だから、この映画も、「ウディ・アレンいいよね」って人には十分面白いと思うし、「ウディ・アレンは嫌い。わからん」という人には全然楽しめないと思う。まぁ、毎度のことだから、改めて言うこともないんだけれど(笑)。

僕は、もちろん前者。何が好きって、やっぱりあの彼の映画だけが持ってる独特の世界観なんだよね。例えば、冒頭のクレジットの出し方。例えば、バックで流れるジャズのBGM。例えば、時々イヤになるぐらい延々と喋りつづけられるジョーク混じりの会話。要するに、とってもオシャレなのです、僕にとってこの人の映画は(といっても、”新しい”という意味では全くなく。どちらかといえば、あの”クラシック”な感じがオシャレというか)。

この『僕のニューヨークライフ』に関しては、ストーリーや設定のアイデアに特別なユニークさは感じられない。物語だけを追うならば、過去に彼が作ってきた映画群の焼き直しでしかないと思う。その点は、時々こちらが驚嘆してしまうようなユニークなプロットを考えつくウディ・アレンを愛する僕としては、今回はちょっと残念。

<以下、ちょっとだけ終盤の展開のネタバレします。未見の方は、ご注意ください。>

その中で、興味深かったのは、後半の展開。主人公ジェリーがNYを出る、という展開は少し意外といえば意外だったかも。

ウディ・アレンといえば、NY。なんだかんだ言われながらも、彼自身も製作の拠点はずっとNYに置いてきた。その彼の分身とも言える主人公を、NYとバイバイさせるとは。そこで思い出されるのが、2005年製作の『マッチ・ポイント』(今年のゴールデングローブで作品賞にノミネートされるなど、非常に欧米での評価が高い作品。日本では、秋に公開とのこと。)から、彼が製作の拠点をロンドンへ移した、という話。

何か思うところがあったんだろうなー。ひょっとして、彼自身もさすがにマンネリを感じはじめていて、もう1度新しいテイストの映画を作りたいと思いはじめたのかな。もしかすると、そういう彼の想いが、主人公の行動、あるいはドーベルのアドバイスには反映されているのかもしれない。「自分やドーベルとは違う道を、ジェリーには歩ませたい」なんてね。

何はともあれ、相変わらずのウディ節は居心地サイコー。
これからも、オシャレで楽しい映画を作りつづけてほしいものです。
[PR]
by inotti-department | 2006-03-11 22:43 | cinema
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧