> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> Bank Band『to U』 ~これは久々に名曲です~
e0038935_19511733.jpgBank Band 『to U』

久しぶりに音楽の話題。
今週の水曜日に発売されたこのシングル。
久々にまぎれもない名曲と出会った、そんな感じです。

もともとBank Bandというのは、Mr.Childrenの桜井和寿とプロデューサーの小林武史が立ち上げたバンドで、その収益の全ては環境保全活動に充てられている。

で、この『to U』という曲。Bank Bandは基本的に全てカバー曲しか歌わないのだけれど、唯一のオリジナル曲がこの歌だ。いわば、Bank Bandのテーマ曲と言えるのかもしれない。この曲には、女性ボーカリストのsalyuがボーカル参加していて、salyuが歌うパートと桜井が歌うパート、そして2人がハモるパートで構成されている。TBSの「NEWS23」のテーマ曲にもなっているので聴いたことのある人も多いかもしれない。

これはいい曲だなぁ。ミスチルの新曲『箒星』も好きな曲だけど、この『to U』の感動には及ばない。ちなみに作詞が桜井和寿で、作曲が小林武史。なるほど、小林武史っていう人はこんなに良いメロディを生み出せる人なのだなぁと、その凄さを再確認。salyuパートと桜井パートではキーが全然違うので、この曲は転調を何度も繰り返すのだが、その転調部分で全く違和感を感じさせない。それどころか、転調をうまく活かしながら、曲に壮大さを生み出すことに成功している。

桜井和寿の詩も素晴らしい。ここに詩を掲載できないのが歯がゆいぐらい(ネット上に詩を無断で掲載することは禁止されていたはず、たしか。)、頭から尾っぽまで素晴らしいメッセージが詰まっている。優しくて、温かくて、でも、すごく力強い。そのメッセージは、世界中に向けられていると同時に、すぐ隣の大切な人に向けて送られたものでもある。人によっていろんなイメージで受け止められる詩だと思うけれど、人と人は確かに繋がっているんだっていうことがすごく前向きに伝わってくる。

ボーカルも2人とも違った個性があって良いと思う。正直に言うと、2人の声質が合っているとは思わないし、ハモリ自体にはあまり魅力を感じない。どちらかというと、それぞれが1人で伸び伸びと歌っている部分の方が、スンナリ聴ける。でも、あんまり息の合ったデュエットっていうのもなんか嘘くさいし、これはこれでいいんじゃないかな。2人に、「合わせなくちゃ!」っていう意思があんまり感じられないのが楽しい(笑)。

ということで、とてもオススメの曲ですので、ぜひぜひ1度聴いてみてください。そんなにプロモーションを懸命にしていないのでどこまでセールスが伸びるかはわかりませんが、間違いなく2006年を代表する1曲になると思います。
[PR]
by inotti-department | 2006-07-23 20:18 | music
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧