> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『M:i:3』 ~スパイに家族がいたっていいじゃない!~
e0038935_20425988.jpg満足度 ★★★★★★★☆☆☆ (7点)

『M:i:3』(2006、米)
   監督 J・J・エイブラムズ
   出演 トム・クルーズ F・S・ホフマン

スパイの現場を離れ、教官として後進を育てる毎日を送るイーサン・ハント。婚約者のジュリアとの結婚を目前に控え、幸せの過ごしていたある日、教え子のリンジーが拉致されたという連絡が入る。リンジーを救出するため、現場に復帰するイーサン。しかし、この救出作戦はやがて、謎の暗号”ラビットフット”を巡る闇商人ディヴィアンとの命を賭けた戦いへと発展していく・・・。


『ミッション・インポッシブル』シリーズ第3弾。
最高に面白かった「1」、最悪につまらなかった「2」ときたので、「これはイヤな予感がするなぁ」と思って劇場へと足を運んだのだけれど、これが意外や意外!「3」、とっても面白いです!

ブライアン・デ・パルマ、ジョン・ウーと、そうそうたる巨匠たちが撮ってきたこの「M:i」シリーズ。今回の監督は、J・J・エイブラムズなる無名の新人。この抜擢人事が大成功!良い意味で”監督の色”というものがまだないので、すごくシンプルで、自然で、楽しい映画になっている。

だって「2」なんかは、どう考えても、ジョン・ウーとトム・クルーズとM:iの相性が悪すぎたもの。セルフプロデュース力には定評のあるトム・クルーズのこと、あれに懲りて、「今度はオレの言うこと聞いてくれる新人さんにしよーっと!」って思ったのではあるまいか(笑)?

さっきも言ったけれど、映画の作り自体はすごくシンプル。サスペンスとアクションがうまくミックスされていて、極上のエンタテインメントになっている。そうそう、「M:i」はこれでいいのよ。スリリングで、ハラハラして、最後はスカっと出来れば、それで十分なのだ。

そんな中でも、監督なりのいろいろな工夫が随所に見られて、思わず唸らされるシーンも多い。例えば、ディヴィアンの監視をしながら顔の輪郭や声紋を分析して、変装マスクを作製する場面。これまでの「M:i」と言えば、さんざんドキドキさせといて、「ウソだよ~ん」と言わんばかりに変装マスクを脱ぐ、という展開がお決まりのパターンとなっていた(今回も、1回だけ出てくるけどね)。でも、今回はそれを逆手にとって、変装マスクを作製する過程や、実際に着用して相手を欺く場面を、種明かしをカメラで追いかけながらたっぷりと見せてくれる。なるほど、この手があったかー、とただただ感心。

上海での、”ラビットフット”強奪シーンの描き方も面白い。よくよく考えれば、このミッションって映画の中で最大のハイライトとなるべきシーンだと思うんだけど、なんとカメラはこの作戦を追わない。ビルの中に乗り込んだトムを、仲間たちがソワソワしながら待っているシーンを映し出すことで、逆に「どうなるんだー?」という緊張感を生み出すことに成功している。うーん、この監督、ただの新人じゃないな。恐るべき才能の持ち主だ。

映画は、見せ場に次ぐ見せ場の連続で、2時間まったく飽きさせない。とにかく、そのスピード感が素晴らしい。ストーリー自体は、さほど奇をてらったものではないのだけれど、スピードとアクションとサスペンスが見事に融合していて、夏休みに楽しむ映画としてこれ以上ふさわしいものはないだろう。

惜しむべくは、最後の30分だなぁ。それまでの1時間半が完璧だっただけに、ラストはもっと盛り上げてほしかったのだけれど、逆に失速してしまったのは残念だった。映画もスパイたちもすごくシンプルなのに、肝心の悪役たちの考えてることが妙にシンプルさに欠け、なんだかスカっとしない展開になってしまった。ひとつひとつの行動の意味が、わかるようなわからないような、そんな感じなのだ。子供の頃、僕がアニメを観ているとよく両親が「はやく殺しちゃえばいいのにー。」っていらんツッコミを入れていたのを思い出す。まさしく、そんな感じ(笑)。

まぁ、そうはいっても、面白い映画であることは間違いない。戦いの決着の仕方も、僕はけっこう好きだった。「スパイに家族は似合わない」とは劇中のルーサーのセリフだけれど、別にいいじゃない、スパイに奥さんがいたってさ。次は、子供のできたイーサン・ハントの活躍なんてのも、面白いかもしれないなぁ。
[PR]
by inotti-department | 2006-08-10 21:20 | cinema
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧