> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『リトル・ミス・サンシャイン』 ~負け犬だって、希望はある!~
e0038935_184888.jpg満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点)

『リトル・ミス・サンシャイン』(2006、米)
   監督 ジョナサン・デイトン
       ヴァレリー・ファリス
   出演 グレッグ・キニア トニ・コレット

ミスコン優勝を夢見るオリーヴのもとに、少女たちのミスコン”リトル・ミス・サンシャイン”決勝戦出場決定の知らせが届く。一家揃ってミスコン会場のカリフォルニアへ向かうべくオンボロ車を走らせるが、家族内には問題が山積み。無職の父親、ヘロイン中毒のグランパ、喋らない兄、自殺未遂の叔父・・・。オリーヴは無事にミスコンに参加することができるのか!?


2007年1発目の劇場観賞です。いいもん見ました。今年もいい映画とたくさん出会えそうな予感を感じさせてくれる、嬉しいスタートダッシュとなりました。

とっても楽しい映画です。劇場へ行って、この家族と出会って、この映画を好きにならない人はいないんじゃないでしょうか。

といっても、素晴らしい人物が集まっている家族なわけでは全くなく。みんな全然ダメダメなんです。あ、みんなではないですね。オリーヴちゃんとお母さん(登場人物中、唯一の常識人。トニ・コレットのブレない演技が実はこの映画を支えています。)の女性陣は、マトモです。問題は、男性陣。ヘロイン中毒でエロ本大好きのおじいちゃん、家族が大嫌いな上にひとことも喋らないお兄ちゃん、自殺未遂で自信喪失気味のおじちゃん。

どいつもこいつもダメダメですが、僕が中でも「あ、コイツはダメだわ」と感じたのはお父さん。9ステップなる独自の成功理論を武器に、出版による一攫千金を狙ってるんですが、その理論がもういかにも怪しいんです。社会の中では完全に”負け組”なんですが、弱者揃いの家族の中では妙に”勝ち組”気取りなのもイヤな感じで。「こりゃ痛い目見ないとダメだな」と思って見てたら、案の定映画の中盤で痛い目を見ちゃったわけで・・・。

でも、この映画、全然暗さがないんです。とにかく、楽しい。笑える。けっこう悲しいエピソード満載なんですが、これっぽっちもイヤな気持ちにならない。それどころか、エピソードが重なるに連れ、どんどんハッピーな気持ちになってくる。どんどん、このダメ家族を応援したくなる。

「テーマは何だ?」なんて野暮なことを考えながら見るような映画じゃないと思います。でも、そこにはいろんなメッセージが詰まっています。僕が一番感じたのは、「勝ち組か負け犬か決めるのは、状況や環境じゃないんだな」ってこと。どんなに周りから”負け犬”に見えたって、自分たちが幸せなら、それはやっぱり”勝ち組”だってことなんです。

おじいちゃんのとっても素敵なセリフが心に残りました。「諦めない人は、”負け犬”にはならない」(正確な言い回しは忘れましたが)。その通りだと思います。少なくとも、映画の中で最後にこの家族が見せてくれたクライマックスは、決して”負け犬”のそれではなかったと思います。

さんざん笑って、ちょっと勇気をもらって、全然感動するような話じゃないのに、なぜかジワジワ涙が出てくる。そんな素敵な映画です。

アメリカでは、口コミでどんどん広がり、かなりのロングランヒットを記録したとか。こういう映画を求める気持ちは、きっと万国共通なんでしょうね。

しかし、よくよく考えると、映画がエンドロールを迎えても、状況は何ひとつ改善されてないような・・・・。
[PR]
by inotti-department | 2007-01-09 19:10 | cinema
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧