> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『ドリームガールズ』 ~歌・歌・歌のパワフル・ミュージカル~
e0038935_20213016.jpg満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点)

『ドリームガールズ』(2006、米)
  監督 ビル・コンドン
  出演 ビヨンセ・ノウルズ ジェイミー・フォックス


ディーナ、エフィ、ローレルの3人は、トップスターの仲間入りを目指してオーディション出場に励んでいたが、泣かず飛ばずの日々。そんな中、カーティスという男に声をかけられ、ジミー・アーリーというスター歌手のバックコーラスに抜擢される。バックコーラスとして頭角を現し始めた3人は、ついに「ドリームス」としてデビューすることに。しかし、カーティスが「ドリームス」のメインボーカルに指名したのは、圧倒的歌唱力を誇るエフィではなく、美しい容姿をもつディーナだった。エフィは激しく抗議するが・・・。


歌・歌・歌で押しまくる、パワフルなソウルフル・ミュージカルです。

「ミュージカル」があまり好きじゃない人でも、「音楽」や「歌」が好きな人なら、それなりに楽しめるのではないでしょうか。まるで、2時間のコンサートに参加したような、そんな楽しさがあります。

ストーリーはどうということはありません。よくあるサクセス・ストーリーであり、よくある崩壊と再生の物語です。そういう意味では、ストーリーも素晴らしい傑作『シカゴ』にはちょっと及ばないかなという感じもしますが、ただ、ミュージカルって歌に集中したかったりするので、ストーリーはそんなに複雑じゃない方がいい場合も多いんですよね。

おそらく、この映画が好きな方はみなさん同じ感想を持たれたかと思いますが、やっぱり歌がいいです。「これ」という決定的ナンバーこそありませんが、どの歌も素晴らしく心に響いてきました。ひとりひとりのキャラクターの心情を、セリフではなく歌で表現しながらストーリーを進めていく。これこそ、ミュージカルの醍醐味です。

ハリウッドのミュージカルを観るといつも感じるのですが、本当に俳優たちが素晴らしいです。きっと、ものすごく努力しているのだと思います。ポっと出のアイドルでもトップスターになれてしまう日本の芸能界と、トップに立つにはかなりの下積みが必要なハリウッドの差を感じずにはいられません。

ジェイミー・フォックスこそあまり見せ場のない役ですが、他の3人のメイン・キャストはそれぞれが個性を発揮していて印象に残りました。

まずは、アカデミー賞はじめ昨年度の映画賞の助演女優賞を総ナメにした新星・ジェニファー・ハドソン。圧巻のひとことです。圧倒的な歌唱力。パワフルな存在感。結果的に、彼女の出現によって、この『ドリームガールズ』という作品は”エフィの物語”となりました。

そして、エディ・マーフィ。私は別に彼のファンでもなんでもないのですが、最近あまり名前を聞かなくなっていた往年のコメディ・スターがスクリーンで思い切り輝きを放っている姿は、やはり感動的でした。ファンの方には、きっと忘れられない作品になったと思います。このジミー・アーリーというキャラクターに存在感を生んだのは、紛れもなくエディ・マーフィの力だと思います。

それだけに、アカデミー賞を獲れなかったのは本当に残念。自分の名前が呼ばれなかった瞬間、失望して会場を去ったという噂を聞きましたが、本人もきっと手応えがあったのでしょう。でも、これだけの演技ができたのだから、きっとまたいい役にめぐり合えると思います。

最後に、ビヨンセ。世間一般の評価でいうと、「ジェニファー・ハドソンに食われた」ということになっているのでしょうか。賞レースにも絡むことが出来ませんでした。でも、私はこのビヨンセという音楽界のトップスターがディーナという主役を堂々と演じてからこそ、他のキャラクターがひきたったのだと思います。彼女が中盤、満たされない想いを歌い上げるソロナンバー『Listen』は、間違いなくこの作品のハイライトです。

こんな映画と出会うと、自分が日本人に生まれたことをちょっぴり悔しく思ったりもします。きっと、アメリカの観客は、手を叩き足でリズムを踏みながら、この映画を観たことでしょう。日本の映画館はおとなしすぎる!もちろん、私も含めて・・・。
[PR]
by inotti-department | 2007-04-03 21:27 | cinema
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧