> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
> 『魔女の宅急便』 ~ジブリ映画の最高傑作!~
e0038935_14503923.jpg
満足度 ★★★★★★★★★☆ (9点)

『魔女の宅急便』(1989、日)
   監督 宮崎駿
   声の出演 高山みなみ  佐久間レイ  戸田恵子


仕事から帰ってテレビをつけたら、『魔女の宅急便』をやっていた。

子供の頃、はじめて夢中になった映画、そして心の底から感動した映画、それがこの『魔女の宅急便』だった。

僕の中では、大人になったいまでも、最も大切な作品のひとつになっている。

だから、もう、何度も何度も見ている。ストーリーも、ほぼ完全に把握している。
ちなみに今夜10時から、『魔女』の裏では、TBSで『ドラゴン桜』が最終回。
さーて、どっちを観よう。10時になったら、チャンネルを変えようか。
うーむ。うーむ。

そして結局、僕は最後まで、このアニメ映画を観てしまった。


「ジブリは初期のほうがいい!」という人が多いが、僕も同意見。
とりわけ、『魔女の宅急便』は、『トトロ』と並んで、僕の中ではジブリ史上最高傑作と思っている。

簡単なあらすじは、こんな感じ。
13歳のキキは、自立するために、魔女の村を出て人間社会に飛び込んでいく。相棒は、黒猫のジジ。最初は新しい町に戸惑うが、パン屋のおソノさんら親切な人たちに囲まれ、次第にとけこんでいく。キキは、空を飛べる力を活かして、宅急便の仕事をスタートさせる。

冒頭の旅立ちのシーンから、美しくて気持ちのよい映像に魅了される。
特に、村から飛び立ったキキの姿にタイトルテロップが重なり、ユーミンの歌が流れるオープニングは、本当に素晴らしい。

そして、この映画の最大の魅力は、愛すべきキャラクターたち。
黒猫のジジのトボけたキャラも最高だし、トンボ、おソノさん、その旦那、パイを焼くおばあさん、そのお手伝いのおばあちゃん、画家の卵ウルスラなど、脇役たちがみんな温かくて魅力的な人たちなのだ。

物語は、あえて裏側を読む必要などないぐらいに楽しいストーリーなのだが、あえていうならば、「自分さがし」、そして「子供から大人になる」ということを描いた作品なのだと思う。

せっかく親しくなったトンボが、華やかな友達たちと話しているのを見て、キキは急に元気をなくしてしまう。キキの身なりは、地味で質素。それに、自分は魔女。普通の女の子とは違う。落ち込むキキは、好意を抱いていたトンボを自分から遠ざけてしまう。

こういう気持ちって、別に魔女じゃなくて人間でも、誰しも共感できるはず。そう、13歳って、必要以上に周囲と自分を比べてしまう時期。ちょっとしたことがすごく気になって、落ち込んで、自分に自信が持てなかったりする。

そして、キキは空を飛べなくなってしまう。さらに、ジジの声も、理解できなくなってしまう。

キキの台詞に、こういうものがある。「小さい頃は、何も考えなくても飛べた。でも今は、どうやって飛んだらいいのかわからない。」

この「飛ぶ」という言葉は、そのまま「生きる」という言葉に置き換えられると思う。
小学校ぐらいまでは、ただ毎日をガムシャラに楽しく生きていれば、余計なことを考えなくてもなんとかなったりする。
それが、13歳ぐらいになると、急に「生きる」ということが大変なことに感じられるようになるのだ。そして、ちょっとしたことで、まるで”世界の終わり”が来たかのように、悩んでしまったりする。

混乱状態のキキを、周囲の人々が温かく包みこんでくれる。そして、大切な人・トンボの大ピンチ。彼を助けるため、キキは再び空へ舞い上がる。

生きる力をくれるのは、周囲の人たちのやさしさや励まし。それから、自分は自分、他人と比べる必要なんてない、という気付き。そして何より、大切な誰かを想う気持ち。
キキがフラフラしながらも空を飛ぶシーンは、この映画の中で一番大好きな場面だ。そして、そんなキキに、町の人たちが一斉にエールを送る。僕は、何回観ても、ここで泣いてしまう。

そして、トンボを助けたキキは、少し大人になった自分を感じながら、新たな生活をスタートさせる。もう、飛び方のわからなかったキキは、そこにはいない。いや、また何かに悩み、飛び方が分からなくなる日がくるかもしれない。でも、大丈夫。彼女には、たくさんの仲間がいるから。

この映画が素晴らしいのは、そういういろんなメッセージを含みながら、それを声高に叫ぶことなく、ひたすら爽やかで楽しい映画でありつづけている点だ。『トトロ』にも、同じことが言える。

『千と千尋』や『ハウル』『もののけ姫』にも確かに見所はあるし、そのメッセージ性の高さはやはり素晴らしい。
でも、僕には、『魔女の宅急便』のようなシンプルで楽しい作品のほうが、ずっと心の奥深いところにまでメッセージが届いてくる。

メッセージっていうのは、メッセージそのものとしてダイレクトにアピールするよりも、ストーリーの中でさりげなく表現するほうが、ずっとずっと心に響くと僕は思うのだ。
こんな映画を、もう1度、ジブリには作ってほしいと、いつも思っているのだけれど。

そう、たとえば、僕に子供が出来たら。僕が伝えたいメッセージを、一番シンプルに、そして楽しく表現してくれる映画を見せるとしたら?

僕は迷わず、『魔女の宅急便』を見せたいな、と思う。
というより、隣に並んで、一緒に見たいな、と。
なんか、自分のほうが、夢中になってそうな予感もするけれど(笑)。
[PR]
by inotti-department | 2005-09-17 00:21 | cinema
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧