> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
カテゴリ:TV( 3 )
『古畑任三郎ファイナル第3夜 ラスト・ダンス』 ~素晴らしき完結。また観たい!~
e0038935_23453391.jpg『古畑任三郎 ラスト・ダンス』

脚本 三谷幸喜
出演 田村正和  松嶋菜々子


いよいよ最終夜。ゲストは松嶋菜々子。

彼女の役どころは、売れっ子脚本家。しかし、その正体は実は双子姉妹で、姉のほうが死体で発見される、という展開。

実は我が家では(家族そろって、最初のシリーズからの古畑好き)、この設定を耳にしたときから、誰が言い出すでもなくこんな会話が交わされていた。

「もしかして、オチは○○○じゃないのー?」
「いや、それじゃありきたりすぎでしょ」
「でも、古畑って、トリック自体はけっこうありきたりだったりするからね」

結論から言っちゃえば、この推理、ドンピシャで当たってました(詳しい内容は、ひょっとするとこれからビデオで観るっていう人もいるかもしれないので、伏せておきます)。といっても、うちの家族がとりたてて推理力に秀でたファミリーだという記憶もないので、おそらくかなりの人が今回のトリックは見破れたのではないかと思う。

これがもしも、推理をベースとした本格ミステリードラマであれば、この作品は失敗作ということになるかもしれない。でも、第1夜のあとにも書いたが、『古畑』に関してはそうじゃない。犯人はわかっている、トリックもなんとなく予想がつく、それでも抜群に面白い。それが、この『古畑』のスゴイところなのだ。

今回の話にしたって、三谷さん、このトリックで視聴者を騙そうという意図はさほど強くもってなかったと思う。もしもそういう意図があれば、かえでと古畑の待ち合わせシーンでの黄色いコートのくだりなんか、あんな風にあからさまに演出しないだろう。グラスに付着した口紅にしたって同じ。本当に騙したいんなら、もっといくらでもやりようはあったと思う。むしろ、あまりにも積極的にヒントを出しまくるので、僕はもうひとひねり裏があるのかと深読みすらしてしまった。

しかし、話が予想できたにもかかわらず、今回のストーリーは非常に素晴らしかった。物語としての完成度の高さは、3夜の中でも群を抜いていたと思う。キャラクターの掘り下げ、セリフの洗練、スリリングでユーモラスな捜査、そして、秀逸のラストカット。この『古畑』シリーズが12年かけて築きあげてきた全てが、力強く表現されていた2時間だったと思う。

松嶋菜々子も素晴らしかった。巧みに1人2役を演じ分けていたとかそういうことではなく、とにかく、ファイナルにふさわしい輝きを放っていた。かつて、人気絶頂期の山口智子がこの『古畑』に犯人役で出たことがあったが、あのときも同じようなことを感じたものだ。やっぱり、古畑さんの相手には、華のある美しい犯人がよく似合う。

あと、いまさらだけど、今泉って面白いよね(笑)。このキャラクターがこんな風に育たなかったら、『古畑』はここまで人気シリーズにはなってなかったかもしれない。西村雅彦っていう人は、やっぱりものすごい演技力を持った俳優だなぁ、と改めて感じさせられた3日間でもあった。古畑&今泉コンビ、これはもう日本のドラマ界が誇る最強の2トップでしょう。

そして、田村正和。あなた、いくつですか(笑)?松嶋菜々子とじゃ、親子ほどの年齢差があるにもかかわらず、あんなにダンスシーンが絵になるんだもん。ホントにすごい男だ。田村ー古畑というラインに関しては、”ハマリ役”なんていう言葉じゃ表現できない絶対的なものがある。だって、他の俳優がやる古畑なんて、もはや想像できないでしょ。

シナリオ、俳優、音楽。ドラマを構成するあらゆる要素がハイクオリティなバランスで調和した、傑作ドラマ。これほど完成度の高いテレビドラマには、今後もそうそうお目にかかることはできないだろうと思う。

願わくば、これで「ファイナル」なんて言わず、また新たな『古畑』として復活してほしい!かといって、『帰ってきた古畑任三郎』なんてのが作られたら、「じゃあ、あのファイナルは何だったんだぁ!?」って、それはそれで微妙なんだろうけど(笑)。
[PR]
by inotti-department | 2006-01-08 00:23 | TV
『古畑任三郎ファイナル第2夜 フェアな殺人者』 ~イチロー、堂々たる俳優デビュー~
e0038935_2335824.jpg『古畑任三郎 フェアな殺人者』

脚本 三谷幸喜
出演 田村正和  イチロー


3夜連続ファイナル、第2夜の注目は、何といっても犯人役。
イチロー。言わずと知れた野球界のビッグスター、衝撃の俳優初挑戦である。

正直言って、僕は心配していた。この『古畑』シリーズは、ただでさえセリフが膨大なうえに、登場人物が少ないため、犯人役ともなるとほぼ出ずっぱり状態。ましてや、古畑と犯人のスリリングで軽妙なやりとりの面白さこそ、このドラマの生命線である。もしもイチローの演技がド下手かったら・・・・・。おそらく、観ていて体じゅうがかゆくなるような、悲惨な結果となってしまう。

しかし、いい意味で裏切られた!ビックリビックリ、イチロー、堂々たる俳優デビューであった。

演技がウマイとかヘタだとかいうことではなく、とにかく堂々としていることが、何よりも素晴らしかった。スポーツ選手って、CMなんかでもスラスラ喋れる人と棒読みになっちゃう人とハッキリわかれる(イチローなんかは、典型的な前者タイプ)けれど、その分かれ目は、”照れずにやれるかどうか”。少しでも恥ずかしさを残してしまうと、その”照れ”が動きやセリフに出てしまうのだ。

で、『古畑』のイチロー。全くといっていいほど、”照れ”がなかった。おそらくすごくドキドキしていただろうし、緊張も恥ずかしさもあっただろうけれど、彼はそれを決して表には出さなかった。演技のプロではないにせよ、出るからには最大限の力を注ぐ。そういう彼の本気っぷりが、観ていてとても清々しかった。スポーツ選手がオフにテレビではしゃいだりするのって、ともするとイメージダウンになりがちだけれど、イチローに関しては相当イメージが良くなったんじゃないかな。視聴率もすごく高かったようだし。

イチローって、普段のインタビューでもちょっと芝居くさい喋り方(よく考えてから言葉を発することが原因と思われる)をするから、それが幸いしたという面もあったと思う。それにしても、あそこまで自然にやれるっていうのは、素人としては驚異的。イチローよりヘタなアイドル女優なんて、星の数ほどいるからね(笑)。それにスタイルもいいから、絵になるしカッコイイんだ、これが。

しかし!ストーリーはどうしたことだ、ストーリーは。三谷さん、もうちょっといい話書いてあげてよ、せっかくイチロー出てくれたんだから(笑)。

といっても、三谷さんもまた彼なりに、自分自身にチャレンジを課してこのシナリオ作りに取り組んだのだと感じた。僕が購読している新聞の夕刊に週1回掲載される三谷幸喜の連載コラムによると、今回の脚本を書くにあたって、イチロー選手からは「ドラマの中でも自分はフェアな人間でありたい」という要望が出されたらしい。おそらく三谷さんはそのときに、”フェア”というキーワードを軸に脚本を書くことを決意したに違いない。

そういうテーマ設定は面白いんだけど、うーん、もうひとつ消化しきれなかったのかな。いろいろと無理が生じていたというか。ウソをつかないというわりに1回ついちゃったり(”お兄さんのためだから”という説明が後からなされていたが、どうせなら1回もウソはついてほしくなかったなぁ)、「私もフェアにいきます」と言いながら、最後の古畑の追い詰め方が全然フェアじゃなかったり、そもそも、あの素朴な向島さんが殺人に加担しちゃうっていう設定自体もあんまり個人的には好きじゃない。

でも、この第2夜は、コメディだったのだと思う。第1夜が王道ミステリーとしての『古畑』だとすれば、この第2夜はコメディとしての『古畑』。向島とイチローが腹違いの兄弟だという設定(こういうフザけた設定自体は、いかにも三谷幸喜的で大好き)しかり、向島が元甲子園球児だったというどうでもいいミニ設定しかり。「犯人は、世界一の肩と足を持つ男だ」っていうくだりも、くだらなくて大好き(笑)。トリックとか推理のもっていきかた自体は、本当に他愛のないものだったけれど、十分に楽しませていただきました。

さぁ、いよいよ『古畑任三郎』も次でファイナル。こうなってくると、ものすごく寂しくなってくる。さぁ、最終夜はどんな締めくくりになるのやら?
[PR]
by inotti-department | 2006-01-07 23:40 | TV
『古畑任三郎ファイナル第1夜 今、甦る死』 ~凄い才能、藤原竜也~
e0038935_20334155.jpg『古畑任三郎 今、甦る死』

脚本 三谷幸喜
出演 田村正和
    石坂浩二  藤原竜也


さてさて、待望の古畑ファイナル。まずは第1夜。

いやぁ、やっぱり面白いよ、このドラマは。

話がどうこうということはまず置いといて、ドラマとしての”型”が完成されている。冒頭の古畑の語り→事件の発生→古畑の登場→古畑と犯人の対峙→CM前の古畑の語り→謎解き。流れがスマートでカッコイイ。事件やトリックの内容が多少物足りなくても、ドラマとしての”型”がパーフェクトだから、飽きないしダレない。タイトルバックも、音楽も、ドラマを構成する全ての要素が美しいハーモニーを奏でている。

ファイナル第1話。
コアなファンの方にとっては、ケチのつけどころもいろいろあったかもしれない。トリックはそれほど凝ったものではないし、事件の骨格に関しての見通しは大体途中で見当がつく。

でも、忘れちゃいけないのは、古畑はただの”本格ミステリー”ではないということ。犯人はわかっているけれど、それでもスリリングで、かつ面白い。適度にコミカルで、適度にミステリアスで、適度にドラマチックで。そんな古畑の魅力は、やっぱり健在だったと思う。

同時に、この物語は金田一耕助のパロディという面が強かったようだ(僕はリアルタイムで見てないので、詳しくはわからないが)。人里はなれた村、崇り、手毬歌、密室殺人。これぞミステリーというような、おどろおどろしい設定の数々。古くからのミステリーファンにとっては、石坂浩二(金田一を演じた俳優)と田村正和が同じ画面の中にいるだけで、感慨深いものがあったかもしれない。

でも、僕にとっての最大の驚きは、藤原竜也。素晴らしかった!前からウマい役者さんだとは思ってたけど、こりゃスゴイや。この人、本当にスゴイ演技をする。同世代の役者さんと比べても、実力は断トツでナンバーワンではないだろうか。でもウマすぎて、テレビという枠にはおさまらないタイプかもしれない。例えば、妻夫木聡なんかと比べると、良くも悪くも・・・(どちらが優れているということではなく、俳優としてのタイプの問題でもある)。

玄人の目から見れば、この藤原竜也のハツラツとして新鮮で無邪気な芝居をもたらしたのは、田村&石坂の”受けの芝居”ということになるのかもしれない。たしかに、田村”古畑”の圧倒的なキャラクターは言わずもがなだし、石坂浩二の懐の広い役作りも素晴らしかった。でも、でも、正直に言おう。この古畑ファイナル第1話の中で最も魅力的だった俳優は、間違いなく、3人の中では最も若い1人の天才俳優だった。彼が画面を駆け回った前半の1時間30分が、まぎれもなくこの第1夜のハイライトであったと思う。

さてさて、今夜は第2話。犯人役は、こちらは野球の天才、イチロー選手。

イチロー選手といえば、パーフェクトな”型”を持つ男。
古畑みたいな”型”を重んじるスタイルのドラマにはうってつけの人選だと思うのだが、さて、その出来やいかに。
[PR]
by inotti-department | 2006-01-04 20:56 | TV
   
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧