> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
カテゴリ:sports( 2 )
イチローの2005年 ~「206安打」「.303」の意味~
マリナーズのイチロー選手の2005年シーズンが、今日で終了した。

最終成績は、206安打、打率.303。

悪い成績ではない。5年連続200本安打を達成し、打率も一流選手の証である3割を上回ったのだから。
でも、やっぱり世間の受け止め方は違う。
「今年のイチロー、不調だったな」と。

なんといっても、去年がスゴすぎた。
シーズン最多安打記録を塗り替え、文句なしの首位打者。
名実ともに、「世界一ヒットを打つのが巧い選手」となった昨シーズンの輝きを思うと、確かに今シーズンの成績は物足りなかった。

ひょっとすると、イチロー選手も30代になりピークを過ぎつつあるのではないか、とみる向きもあるかもしれない。
でも、僕はいま、こう考えている。
来年、また彼はすごい記録を残すのではないか、と。

注目すべきは、「206安打」の「6」と、「打率.303」の「3(最後の位のほう)」である。

正直、2週間ぐらい前までは、今年は「200本安打」も「打率3割」も苦しいのではないか、と僕は内心では心配をしていた。
イチロー本人も、そんな風に弱気になったこともあったのではないだろうか。今年に関しては。

でも、彼はやってのけた。
ラスト3試合を残すのみという土壇場の状況で、「5打数4安打」「4打数3安打」と、連日の猛打をみせたのだ。
この2試合で結果が出ていなければ、今年は「199安打」「.295」ぐらいで終わっていただろう。

そんなイチロー選手を見て、僕は昨シーズンのことを思い出した。
シーズン最多安打記録を塗り替えられるかどうかと世間が騒ぎ出した9月。
そのときも、僕は内心では「最後、惜しくも記録に届かないんじゃないかなぁ」と、内心では心配をしていたのだった。

でも、彼は最後の1ヶ月、連日の猛打を披露した。
そして、記録を塗り替えたのだった。

イチロー選手が何よりも素晴らしいのは、プレッシャーというものに恐ろしく強いことだ。
追い詰められたときこそ、彼は真価を発揮する。
「やってほしい!」そういうファンの無責任な期待に、彼はいつも見事に応えてみせるのだ。

実をいうと、「200本打てるかなぁ」「3割いくかなぁ」と心配しながらも、僕は心のどこかで、「きっと彼はやるだろうな」と確信していた。
昨年の終盤の彼のプレーを、僕は覚えていたから。

だから、実は1週間ぐらい前に「がんばれ、イチロー!」的な記事をこのブログに書こうかと思ったのだけれど、結局それは書かなかった。
きっと、200本安打と3割を達成するだろう、と思ったから。
記事はそのときに書けばいい、と僕は決意したのだった。

206安打、打率.303。
確かに、物足りない数字ではある。

でも、この「6」と「3」がきっと来年、意味をもってくるんじゃないかなと、僕は睨んでいる。
[PR]
by inotti-department | 2005-10-04 01:24 | sports
サッカー、東アジア選手権を観て思ったこと
サッカーの東アジア選手権、日本は中国に次ぐ2位という結果で幕を閉じた。

「なんだ、上出来じゃん?」って、思う人もいるかもしれない。でもそれは、最後の韓国戦の終了間際に中澤選手がゴールを決めたから生まれた結果なのであって、少なくとも韓国戦の後半41分まで、日本は確実に4位にふさわしいチームだった。

初戦の北朝鮮にまさかの敗戦を喫したジーコ監督は、第2戦の中国戦を前に思い切った決断をした。スタメン、総入れ替え。「まったく、子供じゃないんだから」って半ば呆れてたら、なんと最終戦の韓国戦もまたそのメンバーで臨んだから、そりゃ驚いた。

第2戦と第3戦を観てて、やっぱりちょっと私は違和感を感じずにはいられなかった。「日本で最もサッカーが上手な11人は、いまこのピッチにいる11人です!」日本代表って、そういうことでしょ?でも、あの11人が、果たしてこの国で1番サッカーが上手い11人だっただろうか。

別に、彼らに文句があるわけじゃない。彼らに責任は何もない。少なくとも、l初戦のピッチに立った11人のヘラヘラしたプレーよりははるかに好感がもてたし、組織的な練習もあまりしていないのだから、連携が乱れるのはある程度仕方ない。

でも、それはわかっていても、やっぱり違和感は消えてくれない。サッカーの代表って、そんなに軽いものなの?「この国で1番サッカーが上手い11人」として君臨してた人たちが、3日後には全員補欠になっている。そんなバカな。しかも、それを選ぶ人(つまりジーコ監督)は変わってないのに。

ハッキリ言って、あの2試合のメンバーのほとんどは、一国の代表のレギュラーを担うレベルには達していなかったと私は思う。「カニ歩き」と名付けたくなるような横パスの連続。しかも、そのパススピードの遅いこと。シュートと間違えそうになるような高速の縦パスをどんどん放り込んでくるブラジル代表なんかのプレーと比べると、なんだか悲しくなる。守備陣はともかく、攻撃陣に目立ったパスミスはなかった。当たり前だろう。だって、チャレンジしてないんだもん。

なんだか無性に、ある1人の選手のプレーが観たくなった。中田英寿選手。彼ほど試合中、ミスしまくる日本の選手って、他にいないんじゃないか。パスの精度にも、もちろん問題はある。でも、彼のプレーにミスが目立つのは、彼がガンガン「縦へ、縦へ」とチャレンジするプレーをするからじゃないだろうか。でも、そういう人って、日本では干されたりするから悲しい。「中田不要論」という言葉を、ここ数年で何度耳にしたことか。

話を戻そう。でも、彼らのプレーが消極的だったのは、選ばれた側ではなく、やはり選んだ側の責任だと思う。ジーコ監督は、「今日出る君たちが、ベストな11人だ」と本当に思っていただろうか?そうは思えない。そして、それを誰よりも感じていたのは、送り出された控えメンバーたちじゃないだろうか。彼らの自信なさそうなプレーの原因をそこに求めるのは、少し強引すぎるだろうか?

ジーコ監督に、どういう狙いがあったのかは本人にしかわからない。層を厚くするため?競争意識を植え付けるため?どちらもありそうな理由だけれど、やっぱりそれだけではないだろう。ひとことでいって、今回の騒動、すごく子供じみていたと思う。「この前の試合、なんか気に入らなかったから、メンバー全員変えちゃうんだもん!」意外に真相は、そんなところじゃないだろうか。


そんなことを考えていたら、今日、あるニュースが飛びこんできた。
郵政民営化法案、参議院で否決。小泉、郵政解散へ。

「なんか気に入らないから、解散しちゃうんだもん!」

テレビの中の小泉首相の顔に、ジーコ監督がダブって映った。
[PR]
by inotti-department | 2005-08-08 23:37 | sports
   
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧