> ご案内
当ブログでは、「あの映画(小説)、一度観たんだけど、どういう話だったかが思い出せない・・・」とお困りの方のために、映画(小説)のストーリーを完全に網羅したデータベースを公開しております。詳しくは、カテゴリ内の「映画(小説)ネタバレstory紹介」をご参照ください。なお、完全ネタバレとなっていますので、未見の方はくれぐれもご注意ください。
> 最新のトラックバック
welsh blacks
from welsh blacks
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
gilroy high ..
from gilroy high sc..
luniz videos
from luniz videos
mortgage loa..
from mortgage loan ..
elizabeth ar..
from elizabeth arde..
animator fro..
from animator from ..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
korean women..
from korean women n..
pcbyte
from pcbyte
<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
『ドリームガールズ』 ~歌・歌・歌のパワフル・ミュージカル~
e0038935_20213016.jpg満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点)

『ドリームガールズ』(2006、米)
  監督 ビル・コンドン
  出演 ビヨンセ・ノウルズ ジェイミー・フォックス


ディーナ、エフィ、ローレルの3人は、トップスターの仲間入りを目指してオーディション出場に励んでいたが、泣かず飛ばずの日々。そんな中、カーティスという男に声をかけられ、ジミー・アーリーというスター歌手のバックコーラスに抜擢される。バックコーラスとして頭角を現し始めた3人は、ついに「ドリームス」としてデビューすることに。しかし、カーティスが「ドリームス」のメインボーカルに指名したのは、圧倒的歌唱力を誇るエフィではなく、美しい容姿をもつディーナだった。エフィは激しく抗議するが・・・。


歌・歌・歌で押しまくる、パワフルなソウルフル・ミュージカルです。

「ミュージカル」があまり好きじゃない人でも、「音楽」や「歌」が好きな人なら、それなりに楽しめるのではないでしょうか。まるで、2時間のコンサートに参加したような、そんな楽しさがあります。

ストーリーはどうということはありません。よくあるサクセス・ストーリーであり、よくある崩壊と再生の物語です。そういう意味では、ストーリーも素晴らしい傑作『シカゴ』にはちょっと及ばないかなという感じもしますが、ただ、ミュージカルって歌に集中したかったりするので、ストーリーはそんなに複雑じゃない方がいい場合も多いんですよね。

おそらく、この映画が好きな方はみなさん同じ感想を持たれたかと思いますが、やっぱり歌がいいです。「これ」という決定的ナンバーこそありませんが、どの歌も素晴らしく心に響いてきました。ひとりひとりのキャラクターの心情を、セリフではなく歌で表現しながらストーリーを進めていく。これこそ、ミュージカルの醍醐味です。

ハリウッドのミュージカルを観るといつも感じるのですが、本当に俳優たちが素晴らしいです。きっと、ものすごく努力しているのだと思います。ポっと出のアイドルでもトップスターになれてしまう日本の芸能界と、トップに立つにはかなりの下積みが必要なハリウッドの差を感じずにはいられません。

ジェイミー・フォックスこそあまり見せ場のない役ですが、他の3人のメイン・キャストはそれぞれが個性を発揮していて印象に残りました。

まずは、アカデミー賞はじめ昨年度の映画賞の助演女優賞を総ナメにした新星・ジェニファー・ハドソン。圧巻のひとことです。圧倒的な歌唱力。パワフルな存在感。結果的に、彼女の出現によって、この『ドリームガールズ』という作品は”エフィの物語”となりました。

そして、エディ・マーフィ。私は別に彼のファンでもなんでもないのですが、最近あまり名前を聞かなくなっていた往年のコメディ・スターがスクリーンで思い切り輝きを放っている姿は、やはり感動的でした。ファンの方には、きっと忘れられない作品になったと思います。このジミー・アーリーというキャラクターに存在感を生んだのは、紛れもなくエディ・マーフィの力だと思います。

それだけに、アカデミー賞を獲れなかったのは本当に残念。自分の名前が呼ばれなかった瞬間、失望して会場を去ったという噂を聞きましたが、本人もきっと手応えがあったのでしょう。でも、これだけの演技ができたのだから、きっとまたいい役にめぐり合えると思います。

最後に、ビヨンセ。世間一般の評価でいうと、「ジェニファー・ハドソンに食われた」ということになっているのでしょうか。賞レースにも絡むことが出来ませんでした。でも、私はこのビヨンセという音楽界のトップスターがディーナという主役を堂々と演じてからこそ、他のキャラクターがひきたったのだと思います。彼女が中盤、満たされない想いを歌い上げるソロナンバー『Listen』は、間違いなくこの作品のハイライトです。

こんな映画と出会うと、自分が日本人に生まれたことをちょっぴり悔しく思ったりもします。きっと、アメリカの観客は、手を叩き足でリズムを踏みながら、この映画を観たことでしょう。日本の映画館はおとなしすぎる!もちろん、私も含めて・・・。
[PR]
by inotti-department | 2007-04-03 21:27 | cinema
『ボビー』 ~人と人の繋がりを描く渾身の傑作!~
e0038935_22451126.jpg満足度 ★★★★★★★★☆☆(8点)

『ボビー』(2006、米)
  監督 エミリオ・エステヴェス
  出演 ウィリアム・H・メイシー イライジャ・ウッド

1968年6月5日、アンバサダーホテル。その日、ホテルでは次期米大統領候補のロバート・F・ケネディ上院議員の演説が予定されていた。2人だけの結婚式を控えた若きカップル、電話交換主の若い女性との浮気に夢中のホテル支配人、野球のチケットを入手しながら職を失うのが怖くて仕事を抜け出せないメキシコ人のコック見習いなど、ホテルには各々の想いを抱えた様々な人間が集まっていた。そして、事件は起こった・・・。


素晴らしい映画です!
作品の性質から言っても、アカデミー作品賞を取ってもおかしくなかったほどの傑作だと思います。非常に質の高い人間ドラマに仕上がっています。

構成がとても巧いですね。1968年6月5日にアンバサダーホテルでロバート・F・ケネディが暗殺されたという歴史的事実に、架空のキャラクター・出来事をうまく絡めたストーリー構成。僕は、”ヒストリー(事実)”と”ストーリー(嘘)”をミックスさせた映画が大好きなので、この手の映画はたまりません。

豪華キャストも見どころの1つです。しかも、シャロン・ストーンだのデミ・ムーアだの、なかなかいいところをつくなぁ、といった感じのアンサンブルなのです。主役不在の映画ですが、ストーリーに安定感があるのは、俳優たちの確かな演技力に支えられている部分も大きいと思います。

惜しむらくは、1つ1つの物語にもっと面白さ・力強さがあれば、なおよかったかなぁとも思います。おそらく、賞レースで先頭集団に入りきれなかったのは、そのあたりが原因なのでしょう。僕は全くそんなことはなかったのですが、観る人によっては、前半でやや退屈してしまう人・眠くなってしまう人もいるかもしれません。

事件発生後のラスト15分間は、出色の出来だと思います。ケネディの命を奪った銃弾は、その日ホテルに居合わせた人々の運命をも狂わせます。そこにかかるように聴こえてくる、ケネディの演説テープ。圧巻のクライマックスです。

映画の中盤まで描かれる、様々な人間ドラマ。その中には、人と人がしっかり繋がるような心温まるドラマもあれば、人と人が繋がることの難しさを描いたシビアなエピソードもあります。その全てのドラマが、エピソードが、人生が、1発の銃弾によってストップしてしまうのです。

人の命を奪うということが、どれほど愚かなことなのか。丹念に描かれた様々なドラマの全てがあっさりと犠牲になることで、この映画を観ている私たちは改めてそのことを思い知ります。

そこから感じるのは、「だからこそ、繋がろう」というメッセージです。人と人が繋がることの尊さを、ケネディはあのロング・スピーチで訴えたかったのだと思います。

とても心に強く残る、素晴らしい傑作です。
[PR]
by inotti-department | 2007-04-02 23:19 | cinema
『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』 ~まるで○○○ドアのような・・・。~
e0038935_22293728.jpg満足度 ★★★★★★★☆☆☆(7点)

『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』(2005、米)
   監督 アレックス・ギブニー
   出演 ケン・レイ ジェフ・スキリング

1985年に設立されたアメリカの企業「エンロン」は、わずか15年で売上高全米7位の大企業に成長した。しかし2001年、エンロンの不正会計疑惑を報じた1つの新聞記事をきっかけに、その後たった2ヶ月でエンロンは倒産してしまった。巨大企業の内部では、何が起こっていたのか?エンロンはなぜ、崩壊してしまったのか?

久しぶりのドキュメンタリー映画鑑賞です。

この作品、アメリカで公開されたのは2005年なのですが、日本ではようやく昨年の11月に公開されました。

なぜやや遅れたタイミングでの公開となったのか?作品を観て、納得ができました。この映画を観ていると、イヤでもあの会社とあの元社長の顔がチラつきます。○○○ドア、○○エモン・・・。「経済」とか「会計」とか「不正」いう言葉に注目が集まっている今だからこそ、と配給会社も踏んだのでしょう。その戦略、正解だと思います。

とても興味深い映画です。内容の細かい部分は経済の難しい用語や手続きもチョコチョコ出てくるので全ては理解できませんでしたが、この映画の面白さはむしろ違うところにあります。「会社」というモンスターのような存在、そしてその中で働く人間たちの制御しきれないほどの欲望。映画は、「企業」と「人間」というものの本質に、鋭く迫ります。

私も「会社」という場所で働いている人間として感じることですが、「会社」というものは、常に成長しつづけなければ生き残れないという宿命を背負っているんですよね。どんな立派な企業も、どんな優れた会社も、少し気を抜けばすぐに失墜してしまう。「経済」とか「社会」という場所で生き残っていくということは、そんな厄介なことなのです。

この「エンロン」という会社の中で起こったことは、おそらく極端なことだったんだと思います。でも、多かれ少なかれ、同じような考え方は普通の一般的な会社にも存在するのではないでしょうか。少しでも売上を上げるために無茶をしたり。実態よりも自分たちの存在を大きく見せようとしたり。どんな会社だって、そういうことを考えない会社はありません。

そしてもうひとつ私が強く感じたのは、「経営」というものの恐ろしさです。「経営者」と言い換えてもいいかもしれません。

この「エンロン」の倒産で失業した人の数は2万人を超えるとのことですが、おそらくその中の大多数の従業員は、「エンロン」の不正会計の実態については知らなかったはずです。大きな権力を持ったひと握りの経営者たちによって進められた不正経営。そんな中で一生懸命働いていた従業員は、被害者以外の何者でもないでしょう。にもかかわらず、加害者側である役員たちだけがひと足先に自社株を売り抜けていたという事実には、同じ一般従業員である私としては怒りをおぼえざるを得ません。

○○○ドアの○○エモン元社長は、この映画を観たのでしょうか?彼は、どんなことを感じた(感じる)のでしょうか?おそらく彼なら、「やるなぁ、コイツら」とか「バカだなぁ、オレならもっとうまくやれる」とか、そんな風に感じるのでしょうね。そして、そういう考え方はきっと、企業というモンスターの中でナンバーワンになるためには、必要なたくましさでもあるのでしょう。

ただの善人・凡人でも生き残れないし、かといって行き過ぎた悪人・才人も潰されてしまう。会社とは、経営とは、本当に厄介なものですね。
[PR]
by inotti-department | 2007-04-01 22:57 | cinema
   
映画・小説・音楽との感動の出会いを、ネタバレも交えつつ、あれこれ綴っていきます。モットーは「けなすより褒めよう」。また、ストーリーをバッチリ復習できる「ネタバレstory紹介」も公開しています。
by inotti-department
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
> フォロー中のブログ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧